2014年03月25日

レッスン7 美しいお肌になるためのアロマテラピー

先日は、皮膚の構造やハーブウォーターを使った化粧品作りを学びました。

ハーブウォーターは芳香蒸留水と呼ばれ、植物からアロマを抽出する水蒸気蒸留法の後半の段階で、ついでに作られます。芳香成分を含んだ水蒸気を冷却させ液体に戻すと、液体は二層に分かれて、上部が芳香成分を含んだ精油となり、下部に分離水であるハーブウォーターとなります。


同じラベンダーアングスティフォリアという植物からとれた精油とハーブウォーターでも、香りや効能が違います。ラベンダーの精油はフローラルな、蜜蜂がよってきそうな香りですが、ハーブウォーターはもう少し軽くて、透き通るような香りがしました。


我が家ではローズのハーブウォーターを使って洗顔後のケアをしていますが、今回のレッスンでは、数種類のハーブウォーターを混ぜて、自分の肌に合う化粧水を作りました。



『自分専用ハーブウォーター化粧水』
レシピ
カマモイル•ジャーマンウォーター40ml
レモングラスウォーター40ml
ペパーミントウォーター20ml
これらをガラス容器に入れる。この際、雑菌が入らないよう、おしゃべりしない。

『抗菌、口臭予防のマウスウォッシュ』
レシピ
ペパーミントハーブウォーター20ml
ティートゥリーハーブウォーター10ml

私はスプレー容器に入れて、いつも持ち歩いています。


image-20140401074313.png


レッスンのおかげで、家にどんどんアロマグッズが増えて、楽しいですハート


理学療法士 コッペパン

posted by medical at 08:13| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

レッスン5 香りの世界 レッスン5 香りの世界

先日のアロマテラピーアドバイザーのレッスンでは、調和(アコード)のとれた香りつくるための調香の知識を習いました。

かわいい香りの種類
上下のグループの精油同士はブレンドの相性が良いといわれています。

オリエンタル:サンダルウッド、パチュリー
花:イランイラン、ネロリ、ローズ、カモマイル・ローマン
かんきつ類:オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、マンダリン、レモン
ハーブ:セージ、タラゴン、ヒソップ、ペパーミント、フェンネル、マジョラム、レモングラス
樹木類:サイプレス、シダー、ジュニパー、松、ユーカリ・ラディアタ、ティートゥリー、ローズウッド
スパイス:キャラウェイ、クローブ、コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ペッパー、スターアニス、ローレル

かわいい揮発度
香りがしはじめてから、消えるまで、香りは少しずつ変化していきます。これはそれぞれの精油の芳香成分の揮発性の違いにより生じます。これを揮発度またはノートと呼びます。

トップノート:揮発性が高い。(シトラス;柑橘系、グリーン;青葉系)
ミドルノート:揮発性・保留性が中程度。香りの骨格をなす。(フローラル;花系、スパイス;香辛料系)
ベースノート:揮発性が低く、保留性が高い。後半の香りを決定づける。(ウッド;木香系、バルサム;樹脂系)


かわいい精油のブレンドを考える
レッスンではラベンンダー・アングスティフォリアとオレンジ・スイートを10:0、9:1、8:2・・・・・・・・2:8、1:9、0:10の割合にブレンドしたものを順番に嗅いでみました。分量が違うだけで、全然香り方が違うのは予想どおりでしたが、ブレンドが半々に近づくにつれて、何の香りも感じなくなるのが不思議でした。どちらも良い香りのはずなのですが、打ち消しあってしまうようでした。
ブレンドするときは、嗅ぎながら混ぜることが大切だなぁと思いました。

かわいい練り香水作り
今回は香りのイメージを考えてから、今まで習った全ての精油を対象に練り香水を作りました。

練り香水レシピ
目的:女性らしい、やさしい、お母さんのような、のんびり、正直、一本筋の通った・・・・・香りをつくる

@ファーナスペレット8gを湯せんで溶かす

image-20140317000130.png

Aホホバオイルを10ml混ぜる
B精油を混ぜる
ベースノート(サンダルウッド6滴、ミルラ2滴)
ミドルノート(サイプレス3滴、イランイラン6滴、クラリセージ3滴、レモンユーカリ2滴)
トップノート(ゼラニウムエジプト4滴、ローズウッド5滴、レモングラス3滴、マンダリン4滴、ラベンダー4滴)

image-20140317000157.png

C冷蔵庫で10分冷やして固める


自分で作った練り香水に名前をつけるということだったので、「凛」と名付けてみました。
ぴかぴか(新しい)とした人になれたらいいなと思います。

image-20140317000056.png


理学療法士 コッペパン


posted by medical at 01:05| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

レッスン4 精油の間接的作用

不眠症に対するアロマテラピーの研究で、

『どのように、あるいは誰が塗布した時場合に効果的であると感じたか』
というものがあります。

患者自身で行った場合、夫や恋人が塗布した場合、鍼灸のツボを利用した場合、反射療法を利用した場合、ホメオパシーとの併用、瞑想を取り入れた場合、体質に合わせて精油を選択した場合、、、

ドミニクボドゥー氏の研究では体質に合わせて精油を用いた場合、90%の方が効果的あると感じたとのことでした。


今回のレッスンでは、質問紙法による簡単な体質診断と、7つの香りを嗅いで好きな香り順に並べ替えたものから診断するサードメディスンによって体質診断を行いました。
個人的には、質問紙法は頭で考えて答えているので自分の理想が反映されていて、サードメディスンでは名前が隠されている香りを嗅いで答えているので身体の内面が反映されているように思いました。


今回のクラフト作りでは、体質診断を踏まえて、自分の体質改善のためのブレンドオイルを作りましたきらきら


目的:
ストレスからきていると思われる胃の痛みの軽減

レシピ
ユーカリレモン8滴
レモングラス4滴
ペパーミント3滴
マンダリン5滴
ファーナス油20ml

朝•昼•夜に自分のみぞおちに塗布しました。
レモンのような香りが不思議なほど気持ちを落ち着かせてくれました。
2日間ほどで胃の痛みがなくなりました。
しかし、レモン様の香りをすっかり気に入ってしまい、毎日塗布している今日この頃です。


image-20140303001944.png



コッペパン



posted by medical at 06:00| Comment(4) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする