2014年04月16日

レッスン9 リラックスのためのアロマテラピー

先日はリラックスのためのアロマテラピーを習いました。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、一方が強く働くときには他方は弱められ、常にバランスをとって調整されています。
交感神経が優位なときは緊張した状態、闘争状態に適した状態といわれています。副交感神経が優位なときは、休息しエネルギーを蓄えるのに適した状態といわれています。

このバランスが崩れて現れる症候群を自律神経失調症といい、現れる症状は頭痛や吐き気、立ちくらみ、めまい、イライラ、不眠、性機能障害などさまざまです。


今回は入浴による効果について習ったので、早速家での入浴方法をそのときの調子によって変えてみました♪

ひらめき熱めのお湯で短時間の入浴は、元気になりたいときやリフレッシュしたいときにおすすめです。

神経:交感神経優位
血圧:上昇
心拍数:促進
末梢血管:収縮
消化液分泌:減少・抑制

ひらめきぬるめのお湯で長時間の入浴は、リラックスしたいときにおすすめです。

神経:副交感神経優位
血圧:下降
心拍数:緩徐
末梢っかん:拡張
消化液分泌・:増加・促進

posted by medical at 20:11| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

レッスン8 アロマトリートメント

先日はアロマトリートメントのレッスンでしたひらめき

アロマトリートメントとは、精油を植物油で希釈して、それを肌に塗りながらマッサージすることです。
香り成分が鼻・皮膚から浸透して心身に良い影響をもたらしたり、マッサージによって安心感や血流促進の効果が得られますぴかぴか(新しい)

マッサージの実技は時間内にできなかったので、また次の機会に習うのですが、訪問リハビリでも活かしてみたいなぁと思っています。


かわいいアロマクラフトづくり
今回は植物油や精油の成分の特徴を活かして、シミ・シワ対策のためのビューティーオイルを作成しましたexclamation×2

レシピ
【用意するもも】
精油↓
セロリ:1滴
ローズ:1滴
ロックローズ1滴
ラベンダーアングスティフィリア:3滴

植物油(キャリアオイルと呼ばれ、精油希釈して作用を穏やかにしたり、精油を揮発を抑え持続性を高めたりする。キャリアオイルそのものも薬理効果を持つ)↓
ホホバオイル:6ml
ローズヒップ:2ml
アルガン:10ml
シアバター:2mg

【作り方】
@植物油でシアバターを溶かす

image-20140501143105.png

A精油をビンに入れたら、@を加えてよく混ぜる

image-20140501143155.png


image-20140501143127.png


【使用方法、使用感】
朝や夜の洗顔後のスキンケアに。
お肌が保湿され、毛穴が目立たなくなってきた。
心なしかシミも薄くなったり、ニキビの後も薄くなったような感じ。



理学療法士 コッペパン


posted by medical at 19:00| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

レッスン6 日々を元気に過ごすためのアロマテラピー

先日は、感染症予防や免疫力アップのためのアロマテラピーを学びました。

抗菌、抗真菌、抗ウィルス、抗感染、殺菌、殺真菌、殺ウィルス作用のある精油を片っ端から調べたり、その中でも高齢者や乳幼児、妊婦さんにも使える禁忌のない精油に印をつけたりしました。

レッスンの最後に、自分専用の花粉対策アロマジェルを作成しました。

レシピ
『花粉対策のアロマジェル』
ラヴィンツァラ2滴
ティートゥリー2滴
ユーカリラディアータ2滴
中性ジェル10g
グリセリン適量

これらをガラス容器に入れてよく混ぜます。


image-20140401075724.png


最近は出かける前や寝る前に、首すじや鼻の下に塗っています。今回はトップノートに分類される揮発性の高い精油を使った為、すぐに香りが消えてしまうので、なんとなく物足りないような…。次に作るときは香りが長続きするよう、工夫したいと思います。


先生からの宿題は2つ出されました。
宿題1四つ葉
院内感染防止のためのディフューザー用精油100滴を選ぶ。

宿題2四つ葉
花粉症の人の来年に向けた、精油100滴を使ったブレンドを使い方も考えて提案する。(自分専用)

(宿題がどんどん高度になってきていて、ついていくなが大変な今日このごろですあせあせ(飛び散る汗)

抗感染作用のあるものや、自律神経を調整するもの、免疫刺激、免疫調整作用のあるものを中心に選びました。

精油を選ぶ上で、効能や禁忌をチェックするのはもちろん、精油のお値段も大切です。
あまりにも希少価値が高く、お値段も高い精油は、気軽に使えませんあせあせ(飛び散る汗)
お手頃価格で、しかも効能の高いものがあれば、長く、気軽に使えます顔1(うれしいカオ)
アロマテラピーアドバイザーになるにはそんな心配りも必要なんだなぁと、ひとつまた勉強になりました顔1(うれしいカオ)


理学療法士 コッペパン
posted by medical at 20:15| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする