2019年09月12日

「障害のある方のための特別鑑賞会」のお知らせです。

東京都美術館(台東区上野公園内にあります)で、現在「コートールド美術館展」が開催中です。ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介する展覧会です。

20190912121407154.jpg
開催期間中の10月28日(月)に「障害のある方のための特別鑑賞会」が開催されます。

「障害のある方のための特別鑑賞会」とは 普段は混雑している美術館ですが、休室日の月曜日に開催し、当日は障害者手帳などをお持ちの方(と介助をされる方)のみ鑑賞できるので、車いすでも、杖をついていても安心して鑑賞できます。年4回の開催で事前申し込み制です。

展覧会担当学芸員による展覧会ワンポイント・トーク(手話通訳付き)も開催され アート・コミュニケータ(とびラー)が受付や移動のお手伝いをしています 。
美術館は静かに鑑賞しないといけないイメージが強いですが、作品を見ながらお話しすることもOKです。他の方がどんなことを感じながら、絵をみているのか、聞きながらみるのも楽しいです。

アートが好きで美術館に行きたいけれど、混雑している場所では鑑賞が大変、と感じている方、そんな方を知っているけれどどうしたらよいかわからない…という方、まずは下記ホームページをのぞいてみてください。



申し込みページ
東京都美術館 障害のある方のための特別鑑賞会」サイト
https://www.tobikan.jp/learn/accessprogram.html
申し込み期間:2019年9月2日(月)〜2019年9月23日(月・祝)



※過去の特別鑑賞会の様子の写真です。
20190912122051963.jpg
20190912122058933.jpg


作業療法士 I
posted by medical at 12:22| Comment(1) | リハビリ部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんな素敵な取り組みがあるんですね。
ゆっくり鑑賞できるし、いいですね。
Posted by H at 2019年09月15日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: