2018年04月07日

ケアマネという呼び方

あるお宅で、利用者さんが真剣な顔で集った面々に訴えかけていた。


「俺はよ、ただ部屋を掃除してもらいたいだけなんだよ!

大企業じゃないんだから、書類とか、なんとかマネージャーとかは要らないの!!

やる事だけやって、帰ってくれりゃいいんだからさ!」


サービスを調整する係なんですよ、という地域包括支援センター職員にも食いかかる。


「サービスの調整って何だよ!
そんなの俺が直接掃除してくれる人に伝えるから!あとは要らないんだよっ!」


保険制度を使うので行政を通す書類が色々必要になることや、
サービス開始前に担当者が集い方針を確認する「サービス担当者会議」が必要なこともなかなか理解出来ないその様子から、


認知症の入り口にいらっしゃる??と
集った面々は思う。


前にも、別宅で認知症の女性が憤慨されていた事が思い出された。


「私はねぇ、ずっと看護師してきたのよ。自分の世話くらい自分で出来るの。“ケアマネ”って何をマネジメントするのよ!言ってご覧なさいよ!」

言いながら、彼女は手当たり次第に物をこちらに投げつけた。



認知症は仕方ないとして、
やはり“ケアマネージャー”という呼び方そのものに、
何かもっといい呼び方がないのかと感じる事がある。


偉そうな“マネージャー”に対して腹が立つ人もいれば、逆にまるでぜーんぶ、面倒みてくれる人、みたいに聞こえる事もある。


「介護保険係」じゃ、だめなんですかね。よっぽど解りやすいと思うのですが(^_^;)


写真は、野川の桜です。

20180407151945378.jpg





ハンドルネーム

ケアマネ i

posted by medical at 15:22| Comment(1) | ケアマネ部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケアマネさんのお仕事って、本当に奥が深くて、やりがいのある仕事ですよね。
これからも地域の皆さんのために頑張ってください!!

野川の桜、きれい❤❤❤
Posted by H at 2018年04月08日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: