2014年03月25日

レッスン7 美しいお肌になるためのアロマテラピー

先日は、皮膚の構造やハーブウォーターを使った化粧品作りを学びました。

ハーブウォーターは芳香蒸留水と呼ばれ、植物からアロマを抽出する水蒸気蒸留法の後半の段階で、ついでに作られます。芳香成分を含んだ水蒸気を冷却させ液体に戻すと、液体は二層に分かれて、上部が芳香成分を含んだ精油となり、下部に分離水であるハーブウォーターとなります。


同じラベンダーアングスティフォリアという植物からとれた精油とハーブウォーターでも、香りや効能が違います。ラベンダーの精油はフローラルな、蜜蜂がよってきそうな香りですが、ハーブウォーターはもう少し軽くて、透き通るような香りがしました。


我が家ではローズのハーブウォーターを使って洗顔後のケアをしていますが、今回のレッスンでは、数種類のハーブウォーターを混ぜて、自分の肌に合う化粧水を作りました。



『自分専用ハーブウォーター化粧水』
レシピ
カマモイル•ジャーマンウォーター40ml
レモングラスウォーター40ml
ペパーミントウォーター20ml
これらをガラス容器に入れる。この際、雑菌が入らないよう、おしゃべりしない。

『抗菌、口臭予防のマウスウォッシュ』
レシピ
ペパーミントハーブウォーター20ml
ティートゥリーハーブウォーター10ml

私はスプレー容器に入れて、いつも持ち歩いています。


image-20140401074313.png


レッスンのおかげで、家にどんどんアロマグッズが増えて、楽しいですハート


理学療法士 コッペパン

posted by medical at 08:13| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: