2014年03月06日

ある日のこと

駆け足で過ぎ去っていった2月
今年の雪は本当にすごかったですね。

記録的な雪が降った次の日、昼の宅配弁当が中止になり困っていたH様のところに男性ヘルパーM島さんが買い物のケアで訪問。
いつもは朝食のパンなどを買うのですが、今日はまだ昼食を召し上がっていないとの事でおにぎりも買ってきました。

H様はとても喜ばれていましたと、ヘルパーM島さんから報告がありました。
利用者様に喜んで頂きとてもうれしい気持ちと、ヘルパーM島さんに対し、足元の悪い中、本当にご苦労様でしたという、感謝の気持ちでいっぱいです。

3月になりやっとすべての雪が溶けたでしょうか。




年度末の3月。

小金井に来て、2度の引っ越し。


良い環境でお仕事させて頂いております。

今年度を振り返り、反省をして、来年度への新たなる飛躍に向けて、健康第一にスタッフ全員でがんばります。


ヘルパーステーション ひろ
ハルパー ゆうゆう
posted by medical at 10:26| Comment(3) | 介護部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人が困っている時に助け合う気持ちってすごーく大事。
でもその時の気持ちって忘れてしまう方が多過ぎます・・
助けて戴いたのに知らんふりしている人が多いので、
世の中がよく成りません・・・困った事です。
Posted by JUN at 2014年03月06日 15:07
大雪で孤立した集落の人々も沢山いましたね。
介護のサービスが入れないと、同じ様に孤立して不安になった人もいたのかもしれませんね。

職員さんが怪我してしまうのは本人も、利用者さんも会社も困ってしまうので無理は出来ませんが、サービスが再開したときは精一杯やらないとですね。
Posted by もぐぞう at 2014年03月07日 22:01
ヘルパーさん達は、あの大雪の中、沢山の訪問をしていましたもんね。本当に助かった方が大勢いたと思います。いつも脱帽です!
Posted by H at 2014年03月08日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: