2014年02月07日

レッスン3 アロマテラピーの化学

アロマテラピーアドバイザーコースのレッスン、仕事おわりに順調に通っています。
先日は「化学」のレッスンがありましたかわいい
アロマテラピーを学ぶ上で、芳香分子がどんな性質なのかを学ぶことは大切です。
リラックスするもの、消化を促進するもの、元気がでるもの、自律神経を調整するもの、痛みをやわらげるもの、ホルモンを調整するもの、美肌にするもの、、、たくさんの効能があります。

また、芳香分子によっては、妊婦さんや子供、高齢者や敏感肌の人には禁忌!といった注意もあります。

これらを踏まえた上で、その人に合ったピッタリの精油を選んでいきます。

少しずつしっかり覚えていきますパンチ

精油に含まれる芳香成分のほとんどは、炭素、水素、酸素だけでできた有機化合物なので、学習する範囲はそれほど広くないようです。文系の私もどうにかついていけそうです手(チョキ)
たった3つの原子が、数や結合の仕方を変えるだけで、いろんな香りになったり効能をもったりするのですから驚きですexclamation×2

私の通っているアロマスクールのあろま道さんでは、覚えやすいように芳香性分類ごとに「色(テーマカラー)」を決めます。
色鉛筆で教科書に色づけして、こんなにカラフルにるんるん


image-20140205130634.png

楽しく覚えられそうです。

●アロマクラフトづくり
難しいレッスンの後は、精油を使った雑貨作り。今回は「固形せっけん」をつくりました。
火を使わず、机も汚さず、簡単に作ることができましたるんるん

【単色の石鹸レシピ】
⇒私の好きな香りで作りました。
ナチュラルソープ50g
精製水10ml
クレイ少々
クラリセージ5滴
レモングラス3滴
レモン3滴

image-20140205201609.png
下が私、上がもう一人の生徒さんの作品。

【大理石風の石鹸レシピ】
抗感染、リラックスを目的に作りました。
ナチュラルソープ50g
精製水10ml
クレイ少々
シナモンカッシア1滴
クローブ1滴
ラベンダーアングスティフォリア4滴
ゼラニウムエジプト4滴


image-20140205201250.png

左が私、右がもう一人の生徒さんの作品。
クレイを先に入れるか、最後に入れるかで模様が変わりますきらきら次はもっと綺麗に作りたいですグー




理学療法士 コッペパン
posted by medical at 00:00| Comment(0) | アロマアドバイザーへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: