2011年08月17日

高知県

私の本籍は結婚と同時に高知県になってしまった。

高校の時には「竜馬がゆく」にはまったからなんか縁を感じるね。

土佐人は日本人と思ったらいかんと誰かが言ってたね。

宮尾登美子のあの小説、まんざら嘘じゃない、ホントの話だと思えるよ。

それだけ気性が激しい。

うちの旦那は高知県が嫌いで、だから東京に戻ってきた。

あの時は若かったね。それからうちの姑は十八金、て言ったでしょう、すごい人なんだけど、その、ぼけて性格が最悪になった姑を見てくれたヘルパーさんは本当に凄いと思った。

それから訪問看護の人もこれまた凄いはち金だった。

はち金は、はち金で制す、という感じかな、サービスの地産地消というか、よくあの人に言うこときかすなーと本当に感心させられた。

ま、これから私の高知県話はこれからも小出しにしていこうと思います。
posted by medical at 00:00| Comment(0) | 看護部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: