2018年04月09日

平成30年度キックオフミーティング

4月6日、平成30年度のキックオフミーティングをTERAKOYAで行いました。

今年で16年目を迎える国立メディカルケアの今年度のテーマは「共感力」‼
知識・技術・経験に加え、私達は共感力を高め、利用者さんやご家族をはじめ、他職種の方と連携し、より良い、質の高いサービスを提供できるよう頑張っていきます。
宜しくお願い致します!!

以下キックオフミーティングの様子です。(撮影:理学療法士kero 作業療法士レインボー)


🍀社長挨拶
IMG_1817.JPG

🍀取締役吉良さんより今年度の事業計画の発表
IMG_1824.JPG

各部門からも、今年度の方針と計画の発表を行いました✨

🍀看護部門の発表
IMG_1827.JPG
「幹を豊かにする」

🍀リハビリ部門の発表
IMG_1838.JPG
「千里の道も一歩から〜ひとりひとりに向き合う〜」

🍀訪問介護部門の発表
IMG_1852.JPG
「ひとつひとつのケースを大切にする」
「新人スタッフが、ケースを通して成長し、定着する」
「訪問介護を社の看板事業にする」

🍀居宅介護支援部門の発表
IMG_1855.JPG
「地域をリードする問題解決能力」

★新入社員紹介
IMG_1974.JPG
看護師Yさん、看護師Fさん、ヘルパーtofuさん、ケアマネTさん

★昇格者の紹介
DSC_3553.JPG
ヘルパーLTさん 理学療法士コッペパン ケアマネYさん
ヘルパーりずみさん ケアマネiさん


★宴の様子
DSC_3537.JPG
今年も美味しいお料理に舌鼓、、、♥
DSC_3531.JPG

DSC_3533.JPG

DSC_3540.JPG

★男性スタッフ(急遽参加してくださったさくらホームケアクリニックのMさんを中心*笑*)による関東一本締め♪
IMG_1971.JPG



今年度も宜しくお願い致します!!!
IMG_1814.JPG

理学療法士コッペパン
posted by medical at 19:20| Comment(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

FRESHMAN

初めまして。私4月より入社しましたtofuと言います。

4月2日の入社式から今日まで振り返ってみると、本当にあっという間でした。
法律や理論などを教えてもらい、先輩の訪問に実際に同行させて頂きました。
法律など内容が複雑で一度聞いただけでは中々理解しきれず、大変でしたが、先輩と訪問の同行をして利用者の方とお話しすることが出来たのがとてもうれしかったです。

まだまだ仕事に慣れることと、新生活に慣れることに精一杯ですが、早く仕事に慣れ、国立メディカルケアの戦力になれるように頑張りたいと思います。

介護職員 tofu
posted by medical at 15:25| Comment(1) | 介護部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケアマネという呼び方

あるお宅で、利用者さんが真剣な顔で集った面々に訴えかけていた。


「俺はよ、ただ部屋を掃除してもらいたいだけなんだよ!

大企業じゃないんだから、書類とか、なんとかマネージャーとかは要らないの!!

やる事だけやって、帰ってくれりゃいいんだからさ!」


サービスを調整する係なんですよ、という地域包括支援センター職員にも食いかかる。


「サービスの調整って何だよ!
そんなの俺が直接掃除してくれる人に伝えるから!あとは要らないんだよっ!」


保険制度を使うので行政を通す書類が色々必要になることや、
サービス開始前に担当者が集い方針を確認する「サービス担当者会議」が必要なこともなかなか理解出来ないその様子から、


認知症の入り口にいらっしゃる??と
集った面々は思う。


前にも、別宅で認知症の女性が憤慨されていた事が思い出された。


「私はねぇ、ずっと看護師してきたのよ。自分の世話くらい自分で出来るの。“ケアマネ”って何をマネジメントするのよ!言ってご覧なさいよ!」

言いながら、彼女は手当たり次第に物をこちらに投げつけた。



認知症は仕方ないとして、
やはり“ケアマネージャー”という呼び方そのものに、
何かもっといい呼び方がないのかと感じる事がある。


偉そうな“マネージャー”に対して腹が立つ人もいれば、逆にまるでぜーんぶ、面倒みてくれる人、みたいに聞こえる事もある。


「介護保険係」じゃ、だめなんですかね。よっぽど解りやすいと思うのですが(^_^;)


写真は、野川の桜です。

20180407151945378.jpg





ハンドルネーム

ケアマネ i

posted by medical at 15:22| Comment(1) | ケアマネ部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする